TAJIMA GLASS TOKYO

新着情報

新着情報ページです。メディア掲載情報や展示会の日程など、田島硝子の最新のお知らせを掲載しています。

「江戸硝子」の今

東京スカイツリー すみだ まち処で、江戸硝子の展示販売が2/26(木)より開催されています。
田島硝子の手づくりグラスを多数出品しております。どうぞお立ち寄りくださいませ。
・開催期間:平成27年2月26日~3月3日 10:00~19:00

(すみだ まち処HPより一部抜粋)
~私たちの身の回りには、飲料や食品のビン、薬や化粧品の容器、コップやグラスなどの食器、灰皿や花瓶、電球や蛍光灯やネオン管、ランプシェードやシャンデリアなど、たくさんの硝子製品が使われています。
江戸時代から始まった硝子器の製造は、明治の初めに西洋の技術が導入され、近代的な金属パイプを使った製造方法に替わりました。これにより、硝子器は一般の家庭でも使われるようになり発展。その多くは、主に東京を中心として生産されてきました。
現在でも東京には数多くのガラス工業が集積しており、東京の地場産業の一つといわれています。特に熟練した技能工による高品質な製品を今もなお手造りで製造しているメーカーが多いことは、特筆に値します。モノ造りの大切さが改めて見直されている昨今、製造技術の伝承と新技術開発に業界あげて取り組んできた成果と自負しております。~

伝統以前にプロダクトとして欲が芽生える黒。

株式会社 枻(えい)出版社様より出版されている雑誌「2nd」の4月号に弊社商品の「黒の江戸切子」が掲載されました。
(133ページに掲載されています)
ぜひご覧くださいませ。